抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ

私たちのサイトで紹介している「抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ」をご確認頂ければ、抗うつ剤に関する疑問が解消されるかもしれませんよ。

© 抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ All rights reserved.

左手で頭頂部を触る男性

抗うつ剤のレクサプロは何故、薬価が高いの?

高いけど、効果と離脱症状はどうなの?

1.レクサプロは何故薬価が高いの?ジェネリックは無いの?

レクサプロは、2011年に認可された抗うつ剤であり、抗うつ剤の中でも新しいものに該当します。そもそも。レクサプロとはどんな抗うつ剤かというと、「選択的セロトニン再取込阻害薬」(通称SSRI)であり、体内でのセロトニン濃度を選択的に増加させることの出来る作用があります。

つまり、新しい抗うつ剤であり、製造方法に於ける特許が切れていないため、ジェネリックの様に後発製薬メーカーが参入する際は、特許使用料を支払い製造することになります。

また、開発費の回収も必要となるため、レクサプロは薬価が高く、安くて同様の効果を持つ抗うつ剤が販売されていません。

2.レクサプロの効果はどのくらい強いのか?

抗うつ剤というと、極端に効果が強く副作用も強い、または効果は低く副作用も低いというイメージがあります。しかし、レクサプロの場合は、効果と副作用のバランスが強く、服用開始から1週間から10日程度で、効果が出てきます。

そのため、抗うつ剤としては早期に治療を進めることができ、患者に対する身体的な負担も少ないものです。特に、副作用は長期服用によるものよりも、服用開始から10日から2週間ほどがピークとなります。

しかし、その後は副作用も収まるため、日常生活に於ける問題は非常に低くなり、眠気や吐き気といったことで悩むことは少なくなっています。

3.レクサプロの効果は強いけど離脱症状はどうなの?

多くの方が気にするのが、抗うつ剤の服用をやめた際の離脱症状です。レクサプロについては、一度に処方できる量を医師がコントロールできるため、段階的に量を増やしたり、減らしたりすることが出来ます。

また、レクサプロについては、抗うつ剤ではあるものの、あくまで体内で生成されるセロトニンの濃度上昇させるものであり、人体の持つ自己治癒能力を有効的に活用しています。

そのため、抗うつ剤で無理やり、落ち込む気分をコントロールするのではいため、依存性も低くなっています。その結果、段階的に服用量を減らしてくことで、離脱症状も生じ難い抗うつ剤です。

関連記事

コメントは利用できません。
部屋の隅で膝を抱えて座る女性

抗精神病薬レボトミンとは、どのような薬なのでしょうか。

レボトミンは第一世代の抗精神病薬である定型抗精神病薬であり、フェノチアジン系抗精神病薬のなかの代表的な薬です。主に統合失調症の治療薬として用…

膝を落として頭を抱える男性

抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか?

抗うつ剤を使用していると何らかの副作用があらわれることがあります。ここでは、世代別にあらわれる症状と、副作用かなと感じた際に注意すべき点を解…

『LOOSER』

抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。

相談 最近疲れがたまってやる気が起きなくなってしまいました。どうもうつ病になってしまったようです。うつ病の場合は抗うつ剤を服用するようなの…

ページ上部へ戻る