抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ

私たちのサイトで紹介している「抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ」をご確認頂ければ、抗うつ剤に関する疑問が解消されるかもしれませんよ。

© 抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ All rights reserved.

抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。

【相談】
最近疲れがたまってやる気が起きなくなってしまいました。どうもうつ病になってしまったようです。うつ病の場合は抗うつ剤を服用するようなので、抗うつ剤を欲しいと思っています。その抗うつ剤についてですが、どこで入手することができるのでしょうか?市販で買ったり人からもらった抗うつ剤を使用しても大丈夫ですか?

【アドバイス】
うつ病と思われる場合はまず専門の医療機関を受診しましょう。
体に特に異常が見られないのにもかかわらず、不眠になったり朝起きづらかったり、憂鬱な気分になったりする場合はうつ病になった可能性もあります。しかしうつ病かどうかは専門の医師が診察して診断するものなので、まずは専門の医療機関を受診するようにしてください。

かかる医療機関は、精神科もしくは心療内科になります。専門の医療機関でうつ病と診断されてはじめて治療として抗うつ剤が処方できるようになります。

抗うつ剤は医師の処方でしか手に入れられません。
抗うつ剤は、副作用が強い特殊な薬のため、現在市販では販売されていません。抗うつ剤は、医師の処方のもとで服用することになります。病院にかかると費用が高くつくという印象がありますが、うつ病の治療に関しても他の疾患と同じく健康保険の適用で3割負担などですみます。

治療がもう少し長引くようならば、自立支援医療制度を利用すれば自己負担が1割になるのでそれを利用するようにしてください。

抗うつ剤を誰かからもらわないようにしましょう。
うつ病で病院を受診しようと思っても、精神科や心療内科は通うことで偏見の目で見られることがあり、行きづらく思っている人もいると思います。そのため、知り合いなどで抗うつ剤を処方されている人に抗うつ剤をもらったり、あるいはインターネットで転売しているようなこともあったりしてそこから入手しようと考える人もいるようですが、抗うつ剤をはじめとした処方薬を誰かに譲渡するのは法律違反で、場合によっては警察に逮捕されることもあります。

また抗うつ剤といっても種類は数多くあり、一人一人の症状に合った抗うつ剤を処方するので、同じうつ病の患者でもある薬は合うけれども別の薬は合わないということもしばしば出てきます。なので抗うつ剤は絶対に人からもらったりすることなく、きちんと診察を受けたうえで自分に合った抗うつ剤を処方してもらうようにしてください。

  • 抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。 はコメントを受け付けていません。
  • 疑問と回答集

関連記事

コメントは利用できません。

抗精神病薬レボトミンとは、どのような薬なのでしょうか。

レボトミンは第一世代の抗精神病薬である定型抗精神病薬であり、フェノチアジン系抗精神病薬のなかの代表的な薬です。主に統合失調症の治療薬として用…

新たに開発された医薬品のイメージ

抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか?

抗うつ剤を使用していると何らかの副作用があらわれることがあります。ここでは、世代別にあらわれる症状と、副作用かなと感じた際に注意すべき点を解…

ページ上部へ戻る