抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ

私たちのサイトで紹介している「抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ」をご確認頂ければ、抗うつ剤に関する疑問が解消されるかもしれませんよ。

© 抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ All rights reserved.

抗精神病薬レボトミンとは、どのような薬なのでしょうか。

レボトミンは第一世代の抗精神病薬である定型抗精神病薬であり、フェノチアジン系抗精神病薬のなかの代表的な薬です。主に統合失調症の治療薬として用いられるほか、双極性障害、うつ病などにも使用されます。

古い薬であり副作用も多いことから最近ではあまり使われなくなってきましたが、それでもその優れた鎮静作用から統合失調症などの治療のための補助的な薬として今なお存在感があります。

統合失調症においては、脳内のドーパミンに異常があることが知られています。脳の中脳辺縁系においてドーパミンが過剰に分泌されると妄想や幻覚などといった陽性反応を示すようになります。

逆に中脳皮質系においてドーパミンの分泌が減少すると、無気力、気分の落ち込みといった陰性症状を引き起こします。このなかでドーパミンの分泌を減少させて陽性反応を抑えることを目的に開発されたのがフェノチアジン系の抗精神病薬であり、レボトミンもこれに属します。

レボトミンは統合失調症の妄想や幻覚などを抑える働きに定評があり、そのほかにも脳内のセロトニンやノルアドレナリン系の神経を抑える作用もあることから、優れた鎮静作用があり様々な症状に対して幅広く用いられている薬です。

また催眠効果が強いことでも知られており、一般の睡眠薬が効かないという場合には作用の機能が異なるレボトミンがかえって効果があるという事例もあります。

特に統合失調症の不眠の場合にはレボトミンがよく効くとされていて、深い眠りが得られやすいという特徴があります。レボトミンはドーパミンをブロックする働きがある薬です。

これにより嘔吐中枢を抑制する作用があるため、精神的な面に起因する吐き気、嘔吐を抑える働きもあります。さらにレボトミンは筋肉注射ができるというのも大きなメリットです。

極度の興奮状態から錠剤で服用できないという患者さんには筋肉注射により興奮状態を鎮めることができます。鎮静作用のための薬としては筋肉注射できるのは珍しく、この点においてもレボトミンは重宝されています。

抗精神病薬レボトミンは、鎮静作用に優れた薬です。

  • 抗精神病薬レボトミンとは、どのような薬なのでしょうか。 はコメントを受け付けていません。
  • 疑問と回答集

関連記事

コメントは利用できません。
新たに開発された医薬品のイメージ

抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか?

抗うつ剤を使用していると何らかの副作用があらわれることがあります。ここでは、世代別にあらわれる症状と、副作用かなと感じた際に注意すべき点を解…

抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。

【相談】 最近疲れがたまってやる気が起きなくなってしまいました。どうもうつ病になってしまったようです。うつ病の場合は抗うつ剤を服用するよう…

ページ上部へ戻る