抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ

私たちのサイトで紹介している「抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ」をご確認頂ければ、抗うつ剤に関する疑問が解消されるかもしれませんよ。

© 抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ All rights reserved.

新たに開発された医薬品のイメージ

抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか?

抗うつ剤を使用していると何らかの副作用があらわれることがあります。ここでは、世代別にあらわれる症状と、副作用かなと感じた際に注意すべき点を解説します。

抗うつ剤の世代別副作用

第一世代の三環系抗うつ薬(トフラニール、トリプタニールなど)では、便秘や発汗、目のかすみなどが起きやすいのですが、中でも口内の渇きが最も頻繁に見られます。

ただ、これらの症状は薬を飲み始めた時期に見られるもので、その多くは一週間ほどで治まります。第二世代の三環系抗うつ薬(アモキサン、アンプリットなど)及び四環系抗うつ薬(ルジオミール、テトラミドなど)は、第一世代と比較すると副作用はかなり軽減されています。

しかし、全く起こらないというわけではなく、その頻度や重症度は低いものの、三環系抗うつ薬の場合は第一世代抗うつ薬と同様の副作用が、四環系抗うつ薬では、発疹や痙攣などの副作用があらわれるものもあります。

第三世代の抗うつ薬である「SSRI」(パキシル、ジェイゾロフトなど)はさらに副作用が軽くて少ないことで知られています。

確かに口内の渇きや便秘などに副作用や循環器への影響はほとんどありませんが、一過性の消化器系障害(吐き気、食欲低下、下痢など)や不眠、手の震えなどの症状が見られることもあります。

副作用かなと感じた時には

こうした抗うつ薬の副作用で問題となるのは、多くの場合、それが抗うつ効果よりも症状が早くあらわれることです。副作用の中には、うつ由来で起きる症状と酷似しているものもあるため、「薬のせいでうつ症状が悪化した」と思い、薬を飲むことをやめてしまう人がいます。

しかし、数日間症状がよくないからといって、むやみに抗うつ剤そのものを止めてしまうことは、かえってうつ病を悪化させてしまう可能性があります。

前項に記したとおり、抗うつ剤が何らかの副作用を引き起こすことは珍しいことではありません。抗うつ剤を服用することで、体に変調を感じたら必ず医師に相談し判断を仰いでください。

自分の判断で飲むのを止めたり一回の量を減らしたりすることは好ましいことではありません。

また副作用が起きた時にはどう対処すればいいのでしょう?

  • 抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか? はコメントを受け付けていません。
  • 疑問と回答集

関連記事

コメントは利用できません。

抗精神病薬レボトミンとは、どのような薬なのでしょうか。

レボトミンは第一世代の抗精神病薬である定型抗精神病薬であり、フェノチアジン系抗精神病薬のなかの代表的な薬です。主に統合失調症の治療薬として用…

抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。

【相談】 最近疲れがたまってやる気が起きなくなってしまいました。どうもうつ病になってしまったようです。うつ病の場合は抗うつ剤を服用するよう…

ページ上部へ戻る