抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ

私たちのサイトで紹介している「抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ」をご確認頂ければ、抗うつ剤に関する疑問が解消されるかもしれませんよ。

© 抗うつ剤に関する疑問と回答のまとめ All rights reserved.

妊娠中に服用できる抗うつ剤はありますか?また、何か影響がありますか?妊娠中の抗うつ剤使用の影響~そもそも服用は可能なのか~

【妊娠中の精神不安定・うつ病の対処法】

【妊娠中の精神不安定・うつ病の対処法】

女性は男性よりも精神不安定やうつ病になりやすいと言われています。その原因のひとつがホルモンバランスによるものです。特に妊娠中は大きくホルモンバランスが乱れるため、うつ状態を引き起こしやすいと言えます。一過性であれ元々の持病であれ、妊娠中に精神状態が乱れるのは辛いものです。

可能であれば漢方薬や心理療法などで対処するのが一番ですが、それでも効果が得られない場合は抗うつ剤が処方されることもあります。

【抗うつ剤の影響】

妊娠中に抗うつ剤を服用すると奇形児になる、障害が起こる、流産するといった情報が多く出回っていますが、すべての薬がそれにあたるわけではありません。薬の説明書を見ると「妊婦には使用しないように」とほとんどの薬に書かれています。それは100%安全とは製薬会社も言い切れないからです。

万が一に備えて記載しているのです。

抗うつ剤などの購入をお考えであればここ!
医薬品や海外サプリの個人輸入の『TOP』
■URL:http://www.ntp-k.org/

①母体への影響

妊娠中に抗うつ剤を使用しており、出産後服用を中止した場合、離脱症状が現れることがあります。症状としてはそわそわ感、呼吸苦、イライラ、震えなど様々です。授乳のために急激に服用を中止する人もいますが、医師と相談しながら適切に減量していくことが望ましいです。

妊娠中に服用することで精神状態が安定するならば、絶対に服用してはいけないというものでもないです。母体が不安定であればあるほど、それが胎児にも影響してしまうからです。

②胎児・出産後の子どもへの影響

妊娠中に絶対禁忌とされている薬を服用していると、奇形や障害を生じる可能性があります。また、流産・早産を招くことがあります。

③授乳への影響

多くの抗うつ剤で安全性が高いと言われています。母体を通して母乳から赤ちゃんへ薬が伝わってしまうことは避けられませんが、それが赤ちゃんに大きな影響をもたらすとは考えられていません。しかし、100%の安全とは言えないため、医師や製薬会社からは立場上止められることが多いです。

より安全性を求めるならば、生後2ヶ月までの授乳期間は服用を控えるというのも一つの手段です。この時期は赤ちゃんの内臓機能が特に未熟であるため、影響する可能性が否定しきれないからです。

【影響しやすい薬・しにくい薬】

【影響しやすい薬・しにくい薬】

A胎児への影響

妊娠中の薬の危険性をまとめたものは日本ではありません(公式では)。あくまで何段階かに危険性が分けられている程度です。その中でもSSRIのパキシルと三環系のトフラニール、トリプタール、アナフラニール、ノリトレン(アモキサン以外)は避けた方がよいでしょう。

SSRIは比較的安全性が高いと言われてはいますが、パキシルでは奇形になる可能性が示唆されています。他、ドグマチールもホルモンに大きく影響することから、避けた方が無難でしょう。

B母乳への影響

ほとんどの抗うつ剤、特にSSRIでは安全性が高いと評価されています。

妊娠中でも種類を選べば服用できる薬はあります。しかし、これはあくまで服用することが服用しないことよりも有益であるという場合のみです。抗うつ剤以外の方法では改善困難な場合のみ、医師から処方されます。妊娠と薬の関係性について詳しい医師を尋ねましょう。

妊娠中は不安定になりやすいものです。家族や周囲にサポートをお願いし、サポートを受けながらなるべくゆったりと過ごしましょう。

新たに開発された医薬品のイメージ

抗うつ剤による副作用にはどんなものがあるのでしょうか?また副作用が起きた時にはどう対処すればいいのでしょう?

抗うつ剤を使用していると何らかの副作用があらわれることがあります。ここでは、世代別にあらわれる症状と、副作用かなと感じた際に注意すべき点を解…

抗うつ剤が欲しいと思う時には必ず医師の診察をうけなければいけません。

【相談】 最近疲れがたまってやる気が起きなくなってしまいました。どうもうつ病になってしまったようです。うつ病の場合は抗うつ剤を服用するよう…

ページ上部へ戻る